【おしゃれの法則】アズーロ・エ・マローネ

‘アズーロ・エ・マローネ’。

イタリア語で‘空と栗’の意味で、ファッション通の男性に好まれる配色です。‘マローネ・エ・アズーロ’と言われることも。
イタリアでは青と茶色の組み合わせは相性◎といわれています。
流行に関係なく定番とされているカラーコーディネートです。

日本ではあまり馴染みがない組み合わせだし、なんだか難しく感じてしまいますよね。
でも、やってみると意外と簡単にキマるので、男性はもちろん、女性にもおすすめです。
女性には、キャメルやベージュなどの柔らかなブラウンお気に入りのデニムのコーディネートがイチ押しです。

アズーロ・エ・マローネのポイントは、何と言っても色味比率です。

ひとずつつみていきたいと思います。

色味

まずは、青と茶色のどちらかひとつ、自分に似合い、抵抗なく身につけることができそうな色味を見つけることをおすすめします。
何も空色と栗色でなくてはいけないということはありません。

紺やターコイズブルー、そしてベージュやキャメルなどももちろんOK。好きな色良く着ている服などを思い出してみるといいと思います。

最近良く着るデニムアイテム(ジーンズなど)、スーツ、学生時代の制服などは紺や茶色が使われることが多いのでヒントになるかもしれません。

どちらかの色味が決まったら、もう片方はそれに合う色味にすればいいです。
青か茶色の気に入っている方、自信がある方の色味を顔周りに持ってくると安心です。

比率

色味が決まったら、比率です。初めのうちは、青か茶色の自信がある方の色を多く、もう片方の色はほんの少量だけ使うと失敗しにくいです。

例えば、全身ブラウンでまとめてバッグやネイル、アクセサリーだけブルーにするなど。

慣れてきたら、比率を変えてみると違った雰囲気を楽しめますよ。

まとめ

アズーロ・エ・マローネはどのシーズンもおすすめ。
特にはおしゃれ感がアップします。
ぜひ試してみてくださいね!


ミヤオンラインショップなら、おしゃれなアクセサリーに出会えるはず

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする